インプラントを簡単に説明

インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯づくりを指します。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。
障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。